⭐︎カナダのトロントのワーホリで最初にやるべき事6選⭐︎

こんにちは。

タナケンです。

 

カナダに来てもうすぐ5ヶ月が経とうとしています。

10月27日なんですが気温が4度しかないという寒さ 笑

大阪だと真冬並みの寒さ。

冬が怖い怖い、、、

 

そしてカナダのことを今更ながらに書くという怠け具合。笑

 

では今日はトロントに来てやる事や僕の体験談を綴っていきたいと思いますね。

 

ワーホリビザの発行

まずはトロントの空港に着いたらワーホリビザの発行をしなければなりません。

これは入国審査が終わってからトランクケースを取る前に発行するんですが、これが結構並ぶんですよね、、、

僕は1時間ぐらい並んで10分程度の質問に答えてパスポートにはっつけてもらってワーホリビザを発行してもらいました。

質問もドキドキしてたんですがこの国に何しに来たかとどれぐらい滞在するのかぐらいしか聞かれなくて拍子抜けでした 笑

 

 

家探し、シェアハウス

そして空港を後にしたらシェアハウスの家に行きました。

僕は10日限定でマーカムという街で部屋を借りました。

マーカムはトロントのダウンタウンから1時間ちょいかかるのでだいぶ遠かったです 笑

その10日限定の意味はその間にダウンタウンに近くて良い家を探すためです

来る前は土地勘がないので最初は短期間で家を借りることをお勧めします。

 

僕はその後ヴィクトリアパークというダウンタウンから30分のところに3週間住みました。

郊外で好きな人は好きなんでしょうが僕は電車通勤が嫌いなのでもっとダウンタウンに近くて良い家に住むために3週間の短期間で住んでました。

そしてその次はダウンタウンにあるチャイナタウンに引っ越しました。

そこは場所的にもすごく良かったんですがWi-Fiが弱かったのと洗濯にお金がかかったのでまた引っ越して今はクイーンというところに住んでるんですが立地もWi-Fiも設備も最高なので今はそこにずっと住むつもりです。

2ヶ月で4回ほど引っ越したんですがそれぐらい家探しって大変なんですよね、、、

家賃も高くなって来てるし治安とか立地とか実際住んでみないとわからないってのもあるし。

 

 

携帯電話

知らない国に来たら調べたりしないといけないので通信は必須になりますよね?

まあなくてもそこら中にWi-Fiがあるから大丈夫なんでしょうが。

僕はFidoという携帯会社を利用していて月に60ドルで7ギガぐらいです。

 

 

在留届

これはダウンタウンにある日本領事館に行って申請します。

最寄駅はKing駅で申請自体は10分ほどに終わるので簡単です。

 

 

SINナンバーの発行

カナダで働くにはSINナンバーが絶対に必要になるのですぐ働きたい人はすぐに発行したほうがいいでしょう。

発行にはトロントのシティホール(市役所)に行って発行してもらいます。

場所はQueen駅でイートンセンターの近くにあります。

こういうインスタ映えするところです 笑

発行にいるものはパスポート、ワーホリビザが必要になります。

携帯番号や住所、両親のことなどを記入して20分ほどで終わります。

 

 

銀行口座の開設

そして次に仕事をした時に給料をもらうために銀行口座の開設をしましょう。

カナダでは給料は小切手でもらうのが基本です。

それを銀行のATMに入れて講座に入る仕組みです。

カナダの銀行もTDCIBCRBCBMOなどがあるんですが、大体の人はTDで僕はCIBCで口座を開設しました。

銀行に行って口座を開設したいといえばすぐ作れてカードをもらえるんですが、これが便利でデビットカードとして使えるのでそれでほぼ全てのお店で買い物ができて同時に口座から引き落としされるのですごく便利ですよ♪

 

 

トロントに来たらまずこれらのことを済ましましょう⭐︎

 

次の記事では僕がカナダに来て2ヶ月びっくりするぐらいBADな出来事が続いたことを書いて行きたいと思いますのでお楽しみに!!!!!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1991年に長崎県佐世保市で生まれる。 高校卒業して美容師になるために高津理容美容専門学校に進学。 卒業後、某大手サロンに入社して5年程働くも 窮屈な環境に違和感を抱き自由を求め、業務委託サロンへ。 更なる自由な美容師になるために 2017年の秋にフィリピンへ語学留学、 2018年の6月ににアメリカ、カナダへ出国予定。