とうとう明日からワーホリでカナダに出発です!!それまでの大体の流れについて紹介します♪

どうもお久しぶりです。

そう、

 

 

 

実は明日からカナダに出発なんです!

 

まあまだパッキングも何もしてないんですけどね 笑

 

いや〜学生が海外行くならまだしも、一人暮らしの社会人が海外に住むってこんなに大変なんやなって痛感させられました 笑

 

まずはパスポートは作ってる前提で話していきますね☆

 

ワーホリの準備から今日までの流れ

 

  1. まずはワーホリのビザの申請ですね。

半年前〜3ヶ月前にはビザの申請をします。

ビザの申請は英語表記で手続きを行うんですが間違えて申請すると申請を拒否されて他の国もワーホリに行けなくなるのでワーキングホリデー協会にお願いすることをおすすめします♪

5000円の登録料を支払うとビザ申請はもちろん、個別カウンセリングなど現地に着いてからもアフターサービスもしてくれます。

 

そしてビザの申請をすると許可の結果が数ヶ月後に連絡が来ます。(僕の場合は3ヶ月できました)

このときに1週間以内ぐらいにカナダ政府にビザ申請料約15000円ほど支払います。

 

 

とりあえずこれでビザ関係は終わりです。

 

 

あとは出発までにやることなんですがこれが意外と結構めんどくさい 笑

 

 

語学学校の入学手続き

これはワーホリ協会の人と相談して行く学校を決めてください。

ワーホリ2ヶ月ぐらい前にレートが安い時に学費を支払います。

僕は4ヶ月間午前中だけの授業で37万でした(当時レートが83円)

 

 

運転免許の更新

  1. 免許の有効期有効期間が2年ほどあるならいいんですが1年以内なら免許の更新は絶対です。そうしないと取り消しになっちゃうんでね 泣   予め免許センターに連絡すると誕生日の前後じゃなくても更新が可能です
  2. 国際運転免許の作成

国際運転免許は証明写真と印鑑と運転免許証、パスポートと2500円ぐらいで1時間ほどで作れちゃいます。注意点としては海外に行った日からじゃなくて作成した日から1年有効なので注意が必要です。

 

クレジットカードの作成

クレジットを持っていない方はいないと思うんですが、作るのに1週間かかると思うんですが、このカードは作った方がいいというカードだけ紹介します。

  1. 楽天カード



  2. 三井住友カード



  3. エポスカード

    なんでかというのはこちらを見てください。

ワーホリ行くなら絶対持つべきクレジットカード

 

海外保険の加入

これは本当に悩むところですね〜

 

予算があって、手厚い補償とキャッシュレスが良いという人は「AIG保険」が良いと思います。1年間で大体20万〜25万くらいです。

もう少し予算を押さえる感じで補償も同じくらいでキャッシュレスなら「たびほ海外保険」は20万円ぐらいです。

 

海外の保険はカナダの「ビジター保険」で14万ぐらいです。キャッシュレスじゃないので病院代など1度立て替えて、後から請求する感じです。

僕は「グローブパートナー」というフランスに本社がある保険会社にしました!

なぜかというと、保険料が9万円だったからです 笑(安すぎる!!)

こちらは病院代など全額負担でいいんですがこちらもキャッシュレスではないです。

けど安いに越したことはないのでまあ良しとしましょう。笑

 

あと基本的には国内の海外保険は携行品補償(物が壊れた、盗まれたなどの補償)が付いているんですが、海外の保険会社はこれが付いていないので要注意です!!

その代わり僕はクレジットカードの携行品補償で半年間カバーするのでまあOKって感じです 笑

 

キャッシュパスポートの作成

これはお金を国内でチャージして海外に持って行くためですね。

便利なので是非作りましょう♪♪

            (↑適当)笑

 

銀行口座の残高証明書

これは入国審査の時に出さないと行けないかもしれないので準備しといた方がいいかもです。

自分が利用している銀行に行って英語表記の残高証明書を作りに行ってください。

作るときはできるだけ口座にお金を入れといてください!(50万〜150万くらい)

 

 

行政手続き

出ました〜

僕が1番嫌いなやつ 笑

 

まずはワーホリ1ヶ月くらい前に海外転出届を出しに市役所、区役所に行きます。

なぜかというとワーホリに行ってる間に住民税、年金、保険を支払わなくていいからです(年金は任意です)

意外とあっという間に終わりますけどね。

 

 

引っ越し

 

出ました〜

僕が1番嫌いなやつ ⇦2回目

 

これねめっちゃめんどくさい 笑

 

売れるものは売り飛ばして、大切なやつは実家に送らないといけません。

1人暮らしの人は実家しか置くところがないですからね、、

 

あと家具家電は売れないものがほとんどなんだなって改めて思い知らされました。

僕はベッドや洗濯機、ソファー、棚などを売れないと言われたので業者に頼んだら10万円かかりましたーーーーー!!!!!!!!!!!!

まじF〇〇K!!!

 

これの解決策は前もって2週間前ぐらいに市に連絡して引き取って貰えば1万円以内に済んだのです 泣

 

ワーホリ前で金がないのにましでOMGです。笑

 

 

携帯などの解約の手続き

495081436

日本にいないのでこうやつは全部解約です。

携帯は向こうで買うか、SIMフリーの携帯を持って行きましょう。

あとは郵便の転送手続きも忘れずに!!

 

 

まとめ

大体の流れとしてはこんな感じですかね。

今僕が悩んでるのが日本に残すお金と持って行くお金の配分に悩んでます 笑

 

とりあえず明日から楽しんできまーす( ´ ▽ ` )

 

そのほか思いついたらまた追記しますねー♪♪

 

あー入国審査怖いなー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1991年に長崎県佐世保市で生まれる。 高校卒業して美容師になるために高津理容美容専門学校に進学。 卒業後、某大手サロンに入社して5年程働くも 窮屈な環境に違和感を抱き自由を求め、業務委託サロンへ。 更なる自由な美容師になるために 2017年の秋にフィリピンへ語学留学、 2018年の6月ににアメリカ、カナダへ出国予定。